calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
archives
201410 (1)
201308 (1)
201305 (1)
201202 (1)
201201 (1)
201111 (2)
201110 (1)
201109 (1)
201108 (1)
201107 (2)
201106 (1)
201105 (1)
201103 (2)
201101 (1)
201011 (1)
201010 (4)
201009 (2)
201008 (5)
201007 (1)
201006 (3)
201005 (4)
201004 (2)
201003 (2)
201002 (4)
201001 (4)
200912 (2)
200911 (12)
200910 (19)
200909 (26)
200908 (23)
200907 (13)
tags
ヒナタデザイン (94)
yosh_hinatadesigns (81)
商品 (65)
mika_hinatadesigns (49)
店舗 (22)
ユニバーサルデザイン (19)
日本の文化 (17)
lantern_hinatadesigns (13)
デザイン全般 (8)
書籍 (7)
webデザイン (7)
spit_partner (6)
世界の都市 (5)
休日 (5)
雑誌掲載 (4)
武蔵小山 (3)
キャンペーン (3)
Mac (2)
キッチンウェア (2)
プレゼント (2)
古い記憶 (2)
mizuno_hinatadesigns (1)
テーブルウェア (1)

others
admin
search this site.

Northern Light/キャンドルカップセット



昨日に引き続き、キャンドルのお話しです。
今日はカップ付のセット商品です。


candle_cupset_1.jpg


商品名>>> Northern Light(ノーザンライト)/キャンドルカップセット


キャンドルホルダは新潟県のガラス工房で作られました!
すべて耐熱ガラス製の手作りです。

キャンドルカップセットに付属しているキャンドルカップはクリアなガラスに4つのくぼみがあります。
水を入れてキャンドルを浮かせても素敵ですよ☆


ブラストキャンドルカップセットに付属しているキャンドルカップはすりガラス風でクリアなスリットが入ってます。こちらも繊細な一品です。 

ミツロウキャンドルのオレンジ色の暖かい光が美しくゆらめきそうです。


candle_cupset_2.jpg


ティーライト(ミツロウキャンドル)3個付き。
ティーライトは6−7時間燃焼します。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

Nortnern Light/teelightcandle



パラフィン・化学燃料など一切使用せず、ミツロウと燃焼を安定させる目的で少量の良質のマカデミアンナッツオイル・ホホバオイルだけでつくられているミツロウキャンドルです。


teelight_candle_1.jpg


商品名>>> Nortnern Light(ノーザンライト)/Teelight Candle (3個入り)

付属品:ブリキ容器一個


ミツロウって何のことか知ってました?
すみません、私、、、、よく知りませんでした・・・。


仕入先の会社さんから教えてもらいました。

ミツロウとは、ミツバチが巣を作るために体の中で作り出すロウの事。
ミツバチが花の蜜を体の中で蜂蜜に作り変えている時にお腹の方からはロウがでてきます。
ミツバチはこのロウを口にいれて、さらに20分くらい噛み続けてミツロウにします。

そしてミツバチたちは、そのミツロウを、触覚を定規にしてはかりながらきれいな六角形の巣をつくっていきます。
1キログラムのミツロウを作り出すために、ミツバチたちが飛ぶ距離を足すと地球を8周(32マンキロメートル)もすることになるそうです。ミツロウを作り出すミツバチたちに感謝です。

また、ミツロウは保湿性・殺菌性に優れた自然素材としてコールドクリーム・リップクリーム・軟膏の基材や床ワックス・粘土・クレヨン・ローケツ染めなど様々なものにつかわれています。


teelight_candle_2.jpg


キャンドルは灯りを灯すだけのものではなくて、空気中に広がるその成分を呼吸や皮膚を通して体内に吸収します。なので、成分が大事なんですね。 


キャンドルの原料には様々なものがあるそうですが、その中には、石油化合物であるパラフィンや、死んだ動物の脂から採ったステアリン酸や松やヤシの油などの植物油などなど・・・。
パラフィンにも精製されたものもあれば、未精製の毒性の強いものもあるようです。

キャンドルは食べ物ではないので成分の表示義務はでないですが、、、なるべく天然のものを使用したいですよね。 
その点、このミツロウキャンドルはアロマテラピーでもおなじみの天然材料のみでつくられているので、安心です。
そして、パッケージも気を使われています。

パッケージにはリサイクル紙を使用し、インクには大豆インクを使っています。アロマ用キャンドルの容器にはアルミでなくブリキを使い、使いまわしをするように設計されています。


ミツロウキャンドルが燃えていくと夕日のような温かいオレンジ色の光が広がります。
オレンジ系の低い照度の光は心を静め、心地よい睡眠を誘うといわれています。 

不眠やストレスが多い現代にミツロウキャンドルをともしてリラックスする時間をつくってみては如何でしょうか?


comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

デザインの輪郭



近作では"au/KDDI"の携帯電話「INFOBAR」や無印良品の「壁掛式CDプレーヤー」、家電・雑貨の新ブランド「±0」などをデザインした深澤直人氏の著書です。

「デザインはすべての生き方に通ず」と記載されているように、非常に透明感のある文章の中に、「デザインとはいったい何であるのか」というような自分自身への本質的な問いかけがいたるところに垣間みれます。「輪郭」「張り」「行為に溶ける」「意図を消す」「適正解」などのキーワードを使いながら、デザインのあるべき形を「私のひとり言」として綴っています。


book_rinkaku.jpg


自身の想いや迷いを言葉として吐き出しながら、あるべき方向性や自分の位置を確かめているように感じられます。そのような文章がとても新鮮で、まっすぐに読み手に伝わってきて、自分なりに「デザインの輪郭」について一緒に考えてしまう内容です。

恐らく読み手によってその答えは異なるでしょうし、次回に読むときにはそれぞれの文章の内容が異なる印象に感じられるかもしれません。もちろん著者も「あくまでも、これは私が考えるデザインの断片の寄せ集めであるから、正しいとか間違いをいささか論ずるつもりはない」と前置きしているのですが、ただ工業デザイナーとして伝えたいデザインの輪郭がなんとなく浮かび上がってきます。それをあえて型にはめない、それぞれの感覚の自由さを束縛しない文章の表現に、著者のデザイナーあるいは個人としての"奥深さ"や"感覚の繊細さ"が感じられます。まさに、デザインを通じて多くのことを日々深く考えていることが、そのまま生き方に通じているのでしょうか。


生活に溶け込むデザインはいいですよね。
そういうデザイン見つけるのは意外と難しいですが...


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

Rosti Mepal/Loomm meal bowl (750ml)



お店には5色置いてあります。


loomm_mealbowl.jpg


商品名>>> Rosti Mepal(ロスティメパル)/Loomm meal bowl (750ml)


中にはセラミック製の器が入ってます。
外側の耐熱プラスティック製の器の持ち手部分はレンジでチンしても熱くならないらしいです。

これ、嬉しくないですか?
お皿とかだと結構熱くなって持つのが大変だったり、危なかったりしますから。


少し重量は重めですが、何かといろんなシーンに使えそうですヨ。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

Normann copenhagen/Butterfly Can Opener



カン切りです。
その名の通り蝶のような形をしています。


butterfly_can_opener_1.jpg


商品名>>> Normann Copenhagen(ノーマン・コペンハーゲン)/Butterfly Can Opener(バタフライ・カンオープナー)

握ってみると手にフィットして使いやすいです。
カン切り、、、って案外見落としがちですが、使いたい時に手元になかったりするんですよね。
我が家も実はカン切り、ない・・・。 よく買うの忘れるアイテムです。

これは色もポップでかわいいし、使いやすいから自分用にもプレゼント用にも素敵ですね☆


butterfly_can_opener_2.jpg


色は5色。
ブラック・レッド・オレンジ・ブルー・ホワイトがあります。


comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29